なぜ、デトックスが必要?

私たちは生きているだけで
毎日毎日、
口から、肌から、粘膜から
私たちには不必要なモノを入れています。

どんなに注意していても
意図せずに入ってしまいます。

注意していなかったら、
とんでもない量を入れてしまっていると思います。

なぜそう思うのか・・・

日常を見渡してみましょう。

・添加物
・有害ミネラル
・重金属
・残留農薬
・水銀
・水質汚染
・大気汚染
・薬
・畜産動物
・経皮毒
など

日常の身近なところでいくと

・殺⾍剤、防ダニ剤
・ラップ
・プラスティック容器
・⼤気汚染(排気ガス)
・農薬(野菜・果物)
・アルミ調理器具・アルミ鍋・アルミ缶
・制汗剤
・薬
・タバコ
・ベーキングパウダー
など

口で入れた毒は
肝臓が頑張って解毒してくれますし
その前の、という砦があるのですが

私たち現代人は、
交感神経優位であったり、
よく噛まなかったり
夜更かししていたり
肝臓が一番必要なタンパク質が不足していたり
お掃除道具のビタミン・ミネラルが不足していたりで
しっかりと解毒しきれてないことが現実

その解毒の邪魔こそすれ
サポートを意識的に日常でされている方が
どれほどいらっしゃるのでしょう。
細胞たちは、きっと泣いていますよ・・・トホホ

肌や粘膜から入ってくる有害物質に関しては
肝臓でデトックスされることなく
いきなり、血液に入り全身を巡り細胞一つ一つに
お届け
されるのです。
これは、さらに恐ろしいことです・・・トホホ

電磁波などの見えない有害なモノについては
身体の電気バランス、チャクラの回転などを
乱してしまい、結果、身体機能に大きな影響を与えるわけです。
見えないからこそ、無頓着になりがち・・・恐ろしい・・・トホホ

これらが、
こんなに医療が進歩しているのに、
医療費も不健康な人も増えているという現実を作っています。

この流れは、現代社会が発展して
どんどン便利なモノ
やすいまがいモノ
などが出て来てからのコト

そして
先進国で、癌患者がどんどん増えているのは
日本だけ・・・
なのです。

 

どうしたらよいのか・・・

 

では、
どうしたらよいのか
どうすべきなのか・・・

 

1、毒を入れない工夫
2、毒を出す工夫

この2つなのです。

1、入れない工夫については、

製品選び、洗浄、不必要な不要なモノは入れない
腸のサポートは、菌を入れることではなく未消化のモノを入れないこと

2、出す工夫については

日頃からお掃除道具であるビタミンとミネラルを不足させない
肝臓・腎臓のサポート
肝臓・腎臓に負荷をかけない(メンタルケア)
ゴッドクリーナー
定期的なリバイズファスティング

となるのです(^_-)-☆

美と健康を本気で求めているなら
日常に取り入れやすいモノから、
取り入れましょう。

具体的なことは、ご相談承ります!