対症療法で終わらせないた為の東洋医学的視点を使う時の注意点

東洋医学の正しい使い方

東洋医学では『気』『血』『水』のバランスで人を観る

東洋医学では、
人は、【気】【血】【水】でできていると考え、この【気・血・水】の状態・バランスによって人の体を観ていきます。

 

東洋医学 気血水のバランス

気虚(気が足りない)
気滞(気が滞っている)
血虚(血が足りない)
血オ(血が滞っている)
水滞(水が滞っている)

と分類し(複数ある場合がほとんどです)不調に対して、そのバランスを整えるということをしていきます。

気が足りないなら、気を補う
気が滞っているなら、気を巡らせる
血が足りないなら、血を作るモノを
血が汚いなら、血をキレイにするモノを
水が溜まっている、滞っているなら、それを出していく

そのような、ケアとしての、漢方薬だったり、お茶だったりが処方されることが珍しくありません。

でも、そこだけ見て、それだけをしてしまうと、結局、対症療法の域になってしまいます。

 

気血水のバランスだけ見ていると原因が観えなくなる

何故ならば、そうなってしまっている理由・原因がその前にあるからなのです。

何故、気虚になっているの?
何故、気滞になっているの?
何故、血虚になっているの?
何故、血オになっているの?
何故、水滞(水毒)になっているの?

そこを観ることが本当の原因へのアプローチになっていくのですね。

何を観るにしても、原因と結果の法則は外せないポイントです。

 

原因を観る為に必要な視点

では、どうしたら良いのか・・・

それは、それらが、
どこの臓器が発端で起こっているのか

ということを探り
そこをケアする為のアプローチをしていくこと。

五行に従って、各臓器との関係性を観ていくことになります。

 

東洋医学から観る臓器の関係性

手っ取り早く、
症状緩和の為の、
気血水のバランスをとるケアだけでなく、

 

◎その原因となっている臓器の疲れへのケアとアプローチ

◎その臓器が疲れてしまっているさらなる原因の

 

ココをセットに行うことができる事が理想であり、
根本ケアだと思うのですよね。

 

Let’s 土台作り★彡

個人セッションは、こちらから