冷え対策 あずき袋

あずき袋 冷え対策

あづき袋 について

桐灰さんから、【あずきのチカラ】シリーズで商品化されておりますが、自分でお手軽に、好みの大きさで作ることができますので、是非♪

電子レンジでチンするだけで、とってもあったかグッズが出来上がります。

ドラックストアにも、ゼリー状のモノでレンジでチンするだけもモノがありますが、それとは比べものにならないです。

タオルで袋を作り、その中にあづきを入れて作るだけの簡単なモノですが、レンチで3分チンするだけで、そのあづきが暖まり、そこから水蒸気と赤外線が出るようです。

赤外線は見えないですが、水蒸気はしっかり感じられます。
ですから、芯まで温まる実感がします。
ホカロンを貼っているよりも心地よい温かさを感じます。

60分くらいは、充分温かいので、使い方としては、寝るときにお腹を温めながら寝ること

もちろん、その方それぞれの部位でOKです。
肝臓だったり、腎臓だったり。

これは、単なる冷え取りという目的だけではなく、結局、内臓が元氣にならないと何をしてもダメだという考えがモトになっています。

お腹・・・一番大事なのです。

口から入れたモノで私たちができています。
カラダの中の生体反応は、すべて消化器の丈夫さが基本です。

そのお腹を温めて、その機能を活性化させるためでもあります。

冷たくなった足先を温めるという枝葉末節のケア方法とは、全く異なった意味になるのです。

抹消が冷えるのは、原因は抹消ではないですね。お腹の冷えが原因であったりもするのです。
ですから、とりあえず、お腹を温める・・・というわけです。
(お腹が冷えている原因は他にありますので、そこが根本原因となりますが)

 

あずき袋の作り方

作り方は、大きさは、好みなのですが、私は、

タオルを半分に切る

それを半分に折り袋を作る。(横長にするお腹全体を覆うことができる)

下と端を縫い、あづきが端に寄らないように、幅の3分の位置の位置で3本縫い目を入れる

上から小豆(お好みですが300gづつ程度)入れて上を縫い閉じます

 

あずき袋をお勧めする理由

お腹を温めると体も心ももほわ~~~んと緩みます♪
こんにゃく湿布とかショウガ湯湿布とかでもよいのですが、それを毎晩しようと思っても、ちょっと難しいです。

時間には限りがある
優先順位ってものがある。

それは、大きな壁です。
手間がかかるものは、続きません。

でも、レンジでチンだけなら、誰もが続けられるかと思います。

忙しい方、ちょっと手軽にケアしたいって方には
あずき袋、おススメです♪

 

冷えていては、【巡り】が悪くなります。

土台作り.3つの大切なケアの一つ 【巡り】ケアにもぴったりです

 

Let’s 土台作り♪