【体験者の声】肝硬変一歩手前で廃人のようだった主人が見違えるほど元気に! 50代 男性

司このみ    konomi
土台作りアドバイザーさんご家族の体験談をシェアしてくださいました(*^_^*)

50代  男性

海外の単身赴任先で、きちんと食事を摂らずに、お酒で誤魔化していたら、両脚が浮腫み始め、肝機能障害に。

 

γ-GTPの数値が900
痩せ細り、頭も働かず、出社も出来ない状態になり、強制帰国。

 

肝硬変一歩手前、肝臓が1/3しか働いていないとの診断。

 

先ずは断酒。
お医者さまから、タンパク質の摂取安静を言い渡される。

 

土台作り.を始めてて6ヶ月で、γ-GTPは正常値に。
血液検査も異常なし
脚の浮腫みも消え、脂肪肝も改善

 

現在は
週に一度、休肝日を設け、普通に飲酒していますが、γ-GTPは60。
やや高めではありますが、翌日にお酒が残らずに、本人も体がラクだそうです。

 

帰国したばかりの頃は廃人のようでしたが、
今では早寝早起き、ラジオ体操してから、出社するようになり、体力も気力も元に戻ることができました。

 

ちなみに、私の夫です(^_^;)

 

あの時、このみさんの元で勉強しよう!と思わなかったら、土台作りアドバイザーになる事も無く、主人がこんなに元気になることもなかったかもしれないと思うと…感謝しかありません☆

 

 

彼女のコミットの結果だと私は、思っていて、、、

海外からメールで連絡があり
帰国されてから、はるばる遠方から半年間通われました。

 

娘さんの結果も出されていて
妻として、母としても、素晴らしい方だと嬉しく思います。

 

 

本来のあなたの心と体の状態に整える!
Les’s 土台作り♪