【体験者の声】手術をしないと治りませんと言われていた貧血が改善されました!50代女性 

司このみ
konomi
貧血の女性は多いです。そして、それの問題は、貧血が問題だと思っていないこことだと私は思うのです。

土台作り体験者の声

子宮筋腫があるので、手術をして、その筋腫を取り除かないと、貧血は改善されないと、婦人科でずっと言われていました。鉄剤を飲んでも、吐き気がしてくるし、貧血に伴う、動悸、息切れ、めまい、疲れやすい、顔色が悪いって症状は、改善されないので、注射を打っても、余計に体調が悪くなるしで、それらを我慢しながら、誤魔化して今まで過ごしてきていました。

土台作りを学び、自分の生活に中に、取り入れることができることを積極的に取り入れてみたところ、なんと、手術しなければ改善されないと言われていた貧血が改善して、動悸、息切れ、めまい、疲れやすい、顔色が悪いって症状は、すっかりなくなりました。

会社でも、『どうして、●●さんは、いつもそんなに元気なの?】
と声をかけられる程になりました。

ホントに嬉しいです。

50代 女性

 

 

彼女は、ずっと貧血が改善されず、
定期的に鉄剤治療をされていました。

 

でも、鉄剤治療がとてもつらい。

 

さほど、効果がないことはわかっていても、
せざるを得ないから、仕方ない、

 

子宮筋腫があり、それが原因になっているから、
それをとってしまいましょうと、

ドクターに言われるものの
無駄な手術はしたくない。

 

ということで、ご相談を頂きました。

 

貧血による、症状として、
頭痛、倦怠感、めまい、動悸、などもありました。

 

鉄剤を定期的に内服して、
血色素が11.4 あたりに何とか維持したい

 

ということで
要治療の値に下がると、鉄剤治療の繰り返しでした。

 

鉄剤治療をしたくないけど
出来る範囲で食事をいろいろ変えてみても、
なかなか改善しない
(勉強熱心で、知識のない方ではないのです。)

 

ということでしたので、まず、できるところからの
土台作りをスタートしました。
まず、ビタミン・ミネラル補給。

 

そこで、出た検査結果が 11.7

 

血色素量が下がっていないので、鉄剤治療が必要なくなりました。

 

でも、症状的には、改善はしているものの
まだ、スッキリした感じが得られないので、
今度は、植物性のプロテインを始めてみて頂きました。

 

そこで、でた検査結果が、14.5

 

今まで、こんな値は見たこもないと
ご本人は、大喜び。

 

当然、貧血に伴う諸症状は、すっかりなくなっています。

 

鉄欠乏性貧血で悩む女性に朗報です♪
目で観える形ですのでわかりやすいですね。

 

血液の質が悪いまま、出産することが
どんなに子供にとって迷惑なことなのかってこと、
血液を改善させず、婚活なんて、ありえませんわ(笑)

 

更年期の女性が、
血液の質が悪い事が原因の症状に、
ホルモン剤やら、漢方薬やらの薬を飲むのも
ちょっとまって、その前にできることがありますよね?

 

って話です。

 

タンパク質・・・
何と言っても、
全ての細胞の材料です。

 

食べてます~
じゃなくて、で、今、どんな状態なの?

 

てところが問題。

 

いくら食べていても、食べている量が
不足していれば、
バランスに欠けていれば
吸収されていなければ、

 

元気な細胞は作られません。
そう、血液の質は、細胞の質に繋がります

 

東洋医学では、
私たちの体は、【氣】【血】【水】でできている

 

と言いますね。
その3点の状態が問題なのです。

 

そこを観ての判断。
コレ、大事ですね。

 

症状をあれこれ見るよりも、
その症状を起こしている原因をいろんな角度から診て
いろんな角度からケアできるようになると良いですね♪

 

土台作りクラスでお伝えしています。

 

ご相談は、セルフケアコーチング へ