【体験者の声】ストレス性障害で一度はあきらめた大学生活も、充実したモノに!

司このみ
konomi
こちらは土台作りアドバイザーさんの体験談
私も、嬉しいです♪

20代女性

 

高校2年生の時、突然、学校に通えなくなり、ストレス性障害と診断。精神安定剤睡眠導入剤を処方され、3ヶ月間、学校に行くことができませんでした。

 

薬は服用したくなかったので、色々調べているうちに、「栄養不足」であることが判明。
断糖肉食系の食事に替えて、医師のカウンセリングを受けながら、小康状態で何とか高校を卒業

 

毎日、頭痛だるさ頭の回転が鈍い頭の中が整理されていない感じは続いていました。
大学受験も体力が続かず第一希望の大学受験を諦めました

 

大学1年生となり、通学するだけで精一杯。バイトやサークル活動は到底無理

 

そんな時、土台作り.を始めました。

 

3ヶ月後、「頭痛がしない!」

 

まさしく、夢のようでした。

 

1年8ヶ月後の現在では、すっかり元気を取り戻し頭の中が整理され頭の回転も早くなったようで、現代は、大学生活も充実して、バイトやサークル活動も楽しんでいます。

 

留学にも行きたい!と思えるようになった自分がとても嬉しいと言っています。

 

実は、これは、私の娘の話です。

 

高校1年生までは、普通に勉強も部活も頑張っている高校生でした。
異変が起きたのは、夫の海外転勤でアルゼンチンの高校に通い始めて1週間後のことです。
環境の変化や体調や気持ちの変化が、意外にも大きな負担になっていたのか。
もしかしたら、子宮頚がんの予防接種の副作用かもしれないとも思っています。

 

振り返ると、本当に大変な5年間ではありましたが、栄養の大切さ、心と体の土台作りの必要性を学ぶことができました。

あの時、名古屋に行くことを躊躇していたら、あの時アドバイザーまで参加していなかったら、と考えると怖いです。
娘は「死にたいと思っちゃう自分がいる・・・」とまで言うくらいの軽い鬱状態になってましたので。

このみさんとの出会い、土台作り.との出会いに感謝しかないです。

 

 

思わず、涙が出てきました。

 

母としての彼女の苦悩
青春まっだだ中の娘さんの苦悩

 

とても、想像すらできない程だったかと思います。
本当に、改善されて良かったです。

 

Let’s 土台作り♪

そして、あなたも、土台作りアドバイザーになりませんか?