歯の健康

歯の健康

忘れていませんか?健康長寿のもう一つの要

体の中でごく小さな部位でありながら、QOL(生活の質)に大きく影響し、健康長寿に欠かせない“歯の健康”について考えてみました。

 

■健康な歯は、何本ありますか?

人の永久歯は、親知らずを除き、一般的に10代前半に生えそろいます。しかし。人生80年とも、それ以上ともいわれる昨今、私たちの、“永久”であるはずの歯が丈夫なままでいることは難しいのが現状。8020運動にあるように食事を楽しむのに必要な歯の目安は20本ですが、現実には70歳以上の多くが20本以下になり、歯を失い始めるのは40代頃からというデータもあります。

日本人が歯を失う原因の第1位は歯周病。歯垢の中の歯周病菌が歯肉などで炎症を起こす細菌感染症で、重症になると歯を支える骨まで影響し、やがて歯を失う率が高まります。

 

■8020運動

厚生労働省と日本歯科医師会が推進する運動。歯が20本あれば食品の咀嚼が容易であることから、「80歳で20本の歯を残すことを目標」に、より多くの人がいつまでもおいしく食べ続けることができる元気な歯を保つことをめざし、日々のお手入れなどを啓蒙しています。

 

■30代以上の8割が歯周病

歯ぐきの赤みや腫れは歯周病のサイン。実は、こうした初期の歯肉炎を含めると。30代でも約8割もの人が歯周病にかかっているといわれます。「何でも噛んで食べれることができる人」は40代から約1割ずつ減少し、60代で約3割、70代では約4割の人が物を噛みにくくなってしまうのが実態です。

20本以上の歯を保ち、しっかり噛めることは食事を楽しむことにつながり、QOLにと大切なポイントのひとつ。いつまでもおいしく食べられる歯を維持することの大切さを認識しましょう。

 

 

■歯と全身の健康の関わり

歯周病は単に歯の健康ばかりでなく、全身の健康にも関係しています。

物を噛むことは唾液の量や、脳の働きなどと関わりがあるため、歯を失うことは、さまざまな機能に影響を与えます。

さらに、歯周病菌が血管に入り込むと血管内に沈着物が発生し、動脈硬化などのリスクを招くことも。また、歯周病による炎症から産生される物質は血糖値に影響をおよぼすと考えられています。

そこで考えたいのが、まず、毎日の歯のセルフケア。歯の表面に歯垢を溜めないことが歯周病予防には欠かせません。歯周病発生の関係因子である生活習慣の見直しを含め、食後の正しい歯みがき習慣を身につけることが大切です。

 

■毎日のケアで健康長寿へ

“80歳で20本”という目安があるように、年齢を重ねても20本以上の歯を維持し、食事を楽しむことはQOLの大切な要素。歯を失う一番の原因である歯周病は、歯だけでなく全身の健康にもさまざまな影響を与えます。予防のためには、まず毎食後の歯みがきをしっかりと。健康寿命を延ばしいきいきとした生活を続けるためにも、日々のケアを習慣にしましょう。

 

■知っておきたい歯のケア習慣

■食後の歯みがきはかならず!

毎食後の歯みがきの励行を!一般的に歯と歯の間や、波と歯ぐきの境目はみがき残しが多いといわれてます。歯ブラシを斜め45度の角度に当てて、こまかく動かしながらよくみがき、歯垢を取り除きます。

 

■食事ではよく噛む習慣を

噛むことは、脳の働きを活性化すると同時に、唾液の分泌を促し、抗菌・殺菌作用や、歯の自浄作用が働き、口の中をより清潔に保つことができます。

 

■栄養バランスのとれた食生活

栄養バランスのよい3度の食事を、規則正しくしっかりとることを心がけましょう。カルシウムやビタミンA、Cは、歯を強くするといわれます。

 

■プロのチェックを定期的に受ける

毎日しっかり歯みがきを行うのが基本ですが。歯垢が硬くなり歯石に変わると歯みがきでは取り除けないので、クリニックで定期的にチェックを。みがき方のクセも発見できて、毎日のケアのサポートにも。

 

No.238