春の見直しスキンケア

春は見直しスキンケア

1年のうちで肌ストレスが最も高まると言われるこの春の季節。例年に比べて今年は花粉の飛散が多く、気温も高めで寒暖差の激しい日が多くなっています。これは肌にとっても大きなダメージ。こうした時期にしっかり取り入れたいスキンケアのアイテムを紹介します。

肌への負担が増えると起こりやすいゆらぎ肌

季節や湿度などが急激に変化する季節の変わり目は自律神経のバランスが崩れ、汗や皮脂の分泌など体のメカニズムにも変化が起こりやすくなります。下のグラフは春から夏にかけて肌の状態に深く関わる様々な条件の変化を表したもの。花粉が飛散している間に、気温や湿度が高まり、紫外線量も上昇。皮脂の分泌量も増えて肌にとってどんどん過酷な状態になっていき、7月、8月ごろまでそれが続きます。こうした要素のひとつひとつがストレスとなり、肌コンディションは不安定なゆらぎ肌に。ゆらぎの状態が続くと肌のバリア機能が弱まり、さらなる肌トラブルにもつながります。今からできるスキンケアをしっかりと実践することが大切です。

対策の基本は洗うと葵のサイクルを保つこと

揺らぎを解消するポイントは、洗うケアと守るケアの組み合わせ。ほこりや花粉、皮脂などの汚れをいつまでも肌に留めておくと活性酸素の発生を促し、コンディションが改善しないどころか肌老化を早める可能性もあります。まずは正しい洗顔で肌をクリーンにすることが大切。洗顔料は、汚れをしっかり落としながら潤いを守るアイテムがお勧めです。
また、紫外線は不安定な肌の状態を悪化させるトラブル要因。日中は被害者や帽子、サングラスなどのUV対策とともに、紫外線や乾燥から肌を守るスキンケアのアイテムをフル活用しましょう。肌トラブルの要因が重なる今の時期、油断は禁物。洗うケアと守るケアで昼も夜も隙を作らないお手入れを!

No.244